士業のホームページは、スマホ対応しないと集客できない!その理由とは?

弁護士・税理士・行政書士・社会保険労務士など、士業のホームページを制作したけれど、なかなかアクセスが伸びなくて集客に困っていませんか?アクセスが増えないのは、スマートフォンサイトを制作していないからかもしれません。現在、インターネットの検索エンジンでは、スマートフォン向けのサイトを制作しなければ、集客で非常に不利な状況を強いられることになります。この記事では、士業ホームページのスマホ対応について解説します。

ホームページから集客するにはGoogle検索対策(SEO対策)が重要

ホームページから集客するには、Googleの検索結果で上位表示されることが必要です。こちらのデータをご覧ください。

NetBoosterの最新CTR調査 2014年版によると、検索順位1位~10位までのクリック率は上記となります。1位が19.35%、2位が15.09%、3位が11.45%で、4位以下はCTRが10%を切っています。

よって、検索順位が高いほどクリック率が高く、多くのアクセスを集めることができます。アクセスが多い方が問い合わせは必然的に増えますよね。上位1~3位までで、約45%のクリック率ですから、なんとしても上位表示させることが重要です。

Yahoo!のことは考えなくて良いの?

日本では検索ユーザーの8割がGoogle検索とYahoo!検索を利用しているといわれています。また、Google検索とYahoo!検索のユーザー数はおおむね半々だといわれています。しかし、Yahoo!検索はGoogle検索のシステムを導入しているため、検索上位表示について考える際はGoogle検索だけ意識していれば大丈夫です。それでは、Googleで検索上位に表示するために重要である「スマホ対策」についてみていきましょう。

Googleが公式発表したスマホサイトへの最新の対策

スマホ対応は推奨から必須の時代となりました。StatCounter社の調査によると、2016年10月に、スマホでのインターネット利用者の割合が、初めてパソコンを越えました。


それに伴い、2016年11月5日、Googleは「モバイルファースト」と呼ばれる新しい指針を公式発表しました。「モバイルファースト」とは、スマートフォンで閲覧しやすいように作られたスマホ対応サイトを、検索結果の上位に表示しやすくするという考え方です。よって、今後、士業事務所がWebマーケティングで成功するためには、ホームページのスマホ対応がますます重要になったと言えます。

スマートフォン対応のホームページ制作時のポイント

スマホ利用者に最適化されたホームページを制作する際のポイントは以下となります。

スマホユーザーが使いやすい画面にする

PC用サイトをスマホで閲覧すると文字が小さく見難いです。スマホ最適化する際はスマホで見やすい文字サイズやレイアウトにすることが重要です。スマホ利用者が使いやすいようにサイトを公開することで、検索エンジンで上位表示されやすくなります。Googleは検索ユーザーがスムーズに検索できることを重視しています。よって、スマホ最適化することで検索ユーザーが見やすいサイトにすることでGoogleの評価が上がり、検索順位を決定する際に有利になるのです。

ソーシャルメディアで拡散してもらいやすくする

スマホ利用者が増えたことで、コミュニケーションの形が変化しています。役立つ情報や面白い情報を見つけると、ユーザはFacebookやTwiterなどのソーシャルメディアでシェア(共有)されるようになったのです。特にスマホユーザーはFacebookやTwitterを利用していることが多いため、スマホユーザーがサイトに訪れた際に「いいね!」や「ツイート」ボタンを設置しておき、シェア(拡散)されるようにしておくことが重要です。

B2C狙いの場合は特に必須

あなたがターゲットとするのが法人ではなく一般消費者の場合は、よりスマホ対応が重要になります。ユーザーが検索する場面を想像してみてください。法人であれば業務中に会社内のPCで検索することが多いと思いますが、一般消費者の場合は電車での移動中や、休憩時間、寝る前などの時間にスマホで検索することが多いですよね。よって、一般消費者をインターネット経由で集客したいのであれば、スマホ対応が特に必須であると言えます。

電話発信ができるようにする

スマホは電話ですので、その場で電話発信できるのが特徴です。スマホ閲覧画面の下部に「電話相談はこちら」などタップすると電話発信するバナーを表示することで、サイトを訪れたユーザーが、気になったときにその場で電話問合せできるようにしましょう。

士業ホームページ上位20サイトのスマートフォンへの対応状況

今回、「税理士 東京」「行政書士 東京」「社会保険労務士 東京」のキーワードを対象として、実際にGoogleで検索した際に上位に表示される20サイトのスマートフォンへの対応数を調査してみました。気になる検索結果は下記に記載する通りです。*日々、検索結果が変動することを、ご了承ください。

  • 「税理士 東京」のスマートフォンへの対応数
    20件中18件がスマートフォンに対応している
  • 「行政書士 東京」のスマートフォンへの対応数
    20件中13件がスマートフォンに対応している
  • 「社会保険労務士 東京」のスマートフォンへの対応数
    20件中10件がスマートフォンに対応している

このように、Google検索上位に表示されているサイトのうち、約50%以上がスマホ対策をしています。SEOに対する意識が高い士業事務所はすでにスマホ対応を行っているということですね。特に、競争が激しい税理士は約90%のサイトがスマホ対応されているのは流石です。今後インターネット経由で顧客からの問合せを増やしたい方は、スマホ対応を行いましょう。

まとめ

  • Googleがスマホサイトを優先することを発表した
  • インターネットで集客するにはスマホ対応が必須
  • ネットに力を入れている士業事務所のスマホ対応率は50〜90%超

インターネットからの問合せを増やすにはGoogle対策が重要です。意識の高い士業事務所はすでにスマホ対応を行っています。2016年末からのスマホ対応化の流れに乗り、もしまだホームページをスマホ対応していない場合は、早いうちに対策を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA