士業の事務所ホームページに必要なコンテンツとは?

いざ事務所ホームページを作ろうと思ったけれど、どのようなコンテンツが必要か悩んでいませんか?ホームページからの問合せをもらうために士業の事務所ホームページに必要なコンテンツをご説明します。

前提として、集客用ホームページと事務所ホームページは分けて考える

士業の事務所ホームページに必要なコンテンツの話をする前に、士業のホームページの役割についての前提をご説明させていただきます。

集客用ホームページは、あなたのことをまだ知らない人を集客するためのサイトです。業務特化型の専門サイトがこれに当たります。ユーザーは「建設業許可 行政書士 東京」のような「業務名 業種名 地域名」を組み合わた検索キーワードで検索を行います。

一方、事務所ホームページは、あなたのことを既に知っている人のためのサイトです。懇親会で知り合ったり名刺交換をした人、もしくは、知人の紹介などで、すでにあなたの事務所名や名前を知っている人が、あなたのことをより詳しく調べるために訪問するためのサイトが「事務所ホームページ」です。ユーザーは「グットアップ行政書士事務所」とか「グットアップ 榎本」のような「固有名詞」を含む検索キーワードで検索を行います。

集客用ホームページと事務所ホームページは訪問者が異なりますので、当然その役割も異なります。この前提を踏まえた上で、事務所ホームページの役割について説明していきます。

事務所ホームページの役割とは?

事務所ホームページを訪れるユーザーは何のためにあなたの事務所ホームページを訪れているのでしょうか?

懇親会で知り合ったり名利を交換師や人、知人の紹介であなたの事務所ホームページを訪れてた人は、何か専門家に相談したい具体的なニーズを持っていて、それをあなたにお願いしても大丈夫かどうかの確認をするために訪れている人たちです。

つまり、事務所ホームページの一番重要な役割は、訪問ユーザーに「この人なら安心して相談できそうだ!」と思わせることです。そのために士業が事務所ホームページでやるべきことは以下4つです。

  • 良い第一印象を与えること
  • あなたが、顧客の悩みを解決できる存在であることを伝えること
  • 検索した時に見つけてもらうこと
  • お問い合わせしてもらうこと

それぞれについて詳細をご説明します。

第一印象を良くするために必要なコンテンツとは?

訪問ユーザーに「この人なら安心して相談できそうだ!」と思わせるためには、見た目の印象を良くしなければなりません。また、できる限り数字や第三者の客観的な評価を示すことで信頼性を高めることも重要です。そのために必要なコンテンツは以下となります。

メインビジュアル

ユーザーがホームページを開いたときに最初に表示される一番目立つ画像。
大きな写真を使い、印象的なメインビジュアルを配置します。

代表プロフィール

代表の写真、氏名、キャッチコピー、基本情報、経歴、主な実績などを掲載するコンテンツ。

スタッフ紹介

スタッフの写真や簡単なプロフィールを掲載するコンテンツ。

お客様の声

お客様の写真やアンケート、インタビューを掲載するコンテンツ。

実績

これまでに実施してきた業務実績を掲載するコンテンツ。

あなたが顧客の悩みを解決できることを伝えるためのコンテンツとは?

訪問ユーザーは、自分の悩みを相談できる専門家として、あなたに相談して大丈夫かを確認するために事務所ホームページに訪れています。つまり、あなたが、訪問ユーザーの名や胃を解決できることを伝える必要があります。そのために必要なコンテンツは以下となります。

サービス説明

あなたが提供しているサービスについて記載するコンテンツ。

事務所の特徴

あなたの事務所の特徴を簡潔につたえるコンテンツ。

SEO対策(検索上位表示)のために必要なコンテンツとは?

ユーザーにあなたの事務所ホームページに訪れてもらうためには「あなたの名前」や「事務所名」で検索された際に、検索結果に表示されなければなりません。そのために必要なコンテンツは以下となります。

ブログ

SEOで検索結果の上位に表示させるにはホームページのページ数が重要です。そのため、ホームページにはブログ機能を追加し、ページを増やせるようにしましょう。

なお、「あなたの名前」や「事務所名」で検索された際に上位表示することはそれほど難しくありませんので、ページを増やさなくても上位に表示されることもあります。

お問い合わせさせるために必要なコンテンツとは?

訪問ユーザーが事務所ホームページを訪れるのは、最終的にはあなたに問合せをすることです。よって、ユーザーがあなたにお問い合わせする際に必要な情報を掲載しておかなければなりません。そのために必要なコンテンツは以下となります。

事務所概要

電話番号、住所、事務所までのアクセス方法など事務所概要を記載するコンテンツ。

お問い合わせ

電話番号、又は、お問い合わせフォームなど、ホームページからお問い合わせするためのコンテンツ。

よくある質問

お問い合わせするにあたりよくある質問への回答をまとめたコンテンツ。

士業の事務所ホームページはシングルページが最適

集客用ホームページと事務所ホームページを分けて考えることでシンプルになります。事務所ホームページで重要なのは印象を良くすることです。そのために必要なコンテンツは決まっているので、シングルページで1ページ完結で作成するのがベターです。

その理由は、シングルページの方が低コストで制作でき、大きな写真で見映えの良いデザインが手に入るからです。「顧客の第一印象をよくするための事務所ホームページ」を作るならば、シングルページで制作すことをオススメします。

【補足】難しい文字だらかのサイトは逆効果!

トップページが文字だらけで小難しい印象を与えてしまし逆効果です。シンプルで見映えの良いサイトを作ることの方が、良い印象を与えるためには重要です。

よく「士業のホームページはキレイなだけでは駄目」という業者がいますが、それはキレイなホームページデザインを作ることができない業者によるポジショントークです。確かに「キレイなだけ」で内容が無ければいけませんが、「キレイで、かつ、必要な内容が網羅されていること」の2要素が両方とも重要です。

まとめ

  • 集客用ホームページと事務所ホームページは分けて考える。
  • 士業の事務所ホームページの役割は4つ。
  • 士業の事務所ホームページはシングルページで作成するのがオススメ。

士業のホームページは「集客用ホームページ」と「事務所ホームページ」で分けて考えましょう。事務所ホームページの役割は「良い第一印象を与えること」「あなたが、顧客の悩みを解決できる存在であることを伝えること」「検索した時に見つけてもらうこと」「お問い合わせしてもらうこと」の4つです。

士業のホームページに記載すべき内容は決まっているので、シンpるにシングルページで制作するのがコスト的にも、見映え的にもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA