ブログ

2017年06月05日

士業ホームページは内容よりもデザインが重要

印象が悪いホームページで損をしていませんか?士業の商品は先生自身ですから、その第一印象を決めるホームページのデザインは重要です。今回は士業ホームページのデザインのポイントについてご説明します。

士業ホームページのデザインはなぜ重要なのか?

士業は先生自身が商品です。ホームページに訪れたユーザーに対する先生の第一印象を決めるのはホームページのデザインです。

デザインがしょぼいホームページだと、ユーザーは「本当に大丈夫かな?」という不安を感じ、マイナスからスタートすることになります。もっと言うと、デザインがしょぼい時点でサイトを立ち去る人がほとんどですので、読んですらもらえません。

一方、デザインが良いと、ユーザーは「すごくしっかりしてそう!」と信頼感を持ち、プラスからスタートすることができます。同じ内容でも第一印象が良い人が言ったほうが良く伝わるものです。ホームページのデザインはとても重要なのです。

デザイン重視の士業ホームページからは問合せが来ない?

誰が言い出したか知りませんが、ネット上では「デザイン重視の士業ホームページからは問い合わせが来ない。重要なのは内容だ。」というような情報が流れています。

しかし、これは嘘です。

ユーザーは最初にデザインでそのホームページの第一印象を感じた上で、その次に内容を読み始めます。つまり、デザインがしょぼいと、内容がどんなに素晴らしかったとしても、そもそも内容を読んですらもらえずに立ち去ってしまうわけです。よって、「デザイン重視の士業ホームページからは問い合わせが来ない。重要なのは内容だ。」というのは嘘で、デザインも内容も両方重要なのです。順番で言えばデザインの方が重要です。

誰がそんなことを言い出したのか?

このような「デザイン重視の士業ホームページは駄目だ」という情報は、おそらくですが、デザイン力が低い業者が発信しているのだと思います。

士業ホームページ制作は同業者の士業が別の事務所向けに行っていることが多く、彼らはデザインの専門家では無いので、優れたデザインを作ることができないわけです。そのような人たちがポジショントークとして「デザイン重視の士業ホームページからは問い合わせが来ない。重要なのは内容だ。」と言っているのでしょう。

しかし、デザインがしっかりしているホームページから実際に問い合わせがきている事例はたくさんありますから、ネット上の情報を鵜呑みにしないように注意しましょう。

専門用語だらけのホームページはマイナス印象

専門家のホームページにありがちな間違いは、専門用語・文字だらけでわかりにくいことです。ホームページに訪れた人は、専門知識が知りたいのではありません。もし自分が専門外の人に相談するときは、小難しい説明をされるよりも、噛み砕いてわかりやすく説明してくれる人を選びますよね。

わかりやすさは武器です。専門的な記事をSEO対策としてホームページに掲載したい場合はホームページ内の下層ページにブログコンテンツとしてまとめ、トップページはシンプルで端的に内容が分かるようにした方が、一般の人にとっては読みやすいホームページになります。

士業ホームページは目的ごとに複数作成する

士業ホームページには、総合サイト型と業務特化型の2種類があります。目的が違うと作り方も内容も異なるため、目的に合わせてそれぞれ作るのが、わかりやすいホームページを作る秘訣です。

▼総合サイトの参考例:品川CS法律事務所様

②については、業務特化サイトとか集客用サイトなどと呼ばれます。複数行っている業務のうち、特定の業務に専門特化した「チラシ」のようなものだとイメージしてください。

▼業務特化サイトの参考例:行政書士法人GOAL様

1つのホームページですべての目的を達成しようとあれもこれも詰め込むと、制作コストもかかり、後で修正する際の作業も複雑になり、結局面倒になり放置されるという常態になりがちです。

目的別にシンプルなホームページを作っておけば、修正が行いやすく、将来に向かって育てやすいわけです。複数の業務を行っている事務所がほとんどでしょうから、業務ごとの特化サイトと、それらをまとめる総合サイトを作成することをおススメします。行政書士法人GOAL様のように、①総合サイト+②業務ごとの特化サイトの形でホームページを作成するのが正解です。

▼行政書士法人GOAL
<画像:キャプチャ画像>

士業ホームページ制作会社を選ぶ際のポイント

士業ホームページはデザインが重要であることがわかったけれど、どの制作会社に依頼したらよいのか分からない・・・というのが本音だと思います。

士業ホームページ制作会社を選ぶ際のポイントは、必ず制作実績を見ることです。制作実績が同じようなデザインばかりの制作会社はやめた方が良いでしょうか。士業はただでさえ差別化が難しい業種です。一般人からしたら、価格以外に士業の先生の違いがわかならいということも多いです。

だからこそ、競合事務所とは異なるデザインで、先生の第一印象が良くなるようにホームページを制作する必要があります。似たようなホームページだと、結局差別化できずに料金で比較するしかないということになってしまいもったいないのです。

まとめ

  • 士業ホームページはデザインが重要
  • 士業は目的ごとにホームページを複数制作しよう
  • 士業はホームページのデザインで差別化しよう

士業の商品は先生自身です。よって、先生の第一印象を決めるホームページのデザインはとても重要です。「士業のホームページはデザインより内容」という業者は、単に自分たちのデザイン力が低いのでポジショントークをしているだけなので惑わされないように注意しましょう。

デザインが良いから、内容を読んでもらえるのですから、デザインも内容も両方重要です。ホームページ制作する際は、「他のたくさんの事務所が作っているから、デザインはダサいけどお願いしようかな・・・」と諦めずに、デザイン力の高い制作会社に依頼しましょう。